Ipadとduet displayで作業スペース増やしてみませんか?【windowsでもできる】

作業スペースを増やせるdustdisplay

Dustdisplayとはappstoreで販売している有料のアプリだ。

1200円と少し高めだがなんとこのアプリ

Ipadをパソコンのサブモニターにすることができる!

そしてapplepencil対応端末を持っていれば別途年会費で2400円かかってしまうが、

としても利用できるのだ!僕も早速導入してみたら作業がとても捗るようになった!

解説を見ながら全画面でソフトやアプリを表示できるのですごくやりやすい。

パソコンの作業スペースに困っていた人やデュアルディスプレイが難しい人は必見のアプリです。

Dustdisplayの設定方法ipad側

まずappstoreでduetdisplayをダウンロードします。

 

メールアドレスを求められますが、入力せず進みます。

 

このページが出たら設定完了です

Duetdisplayの設定方法パソコン側

 今回はwindowspcでやっていますがmacでもやり方は変わりません。  

http://duetdisplay.com からダウンロードします。

チェックボックスにチェックしてインストールします。

完了後に再起動を促されるので再起動します。これで完了です。

使い方

Duetdisplayはソフトと違って起動しても何も出てきませんが左下にアイコンが表示されてればOKです。

もし表示されない場合はwindowsであれば左下をクリックすると一番上に最近追加されたものの中にdustdisplayがあるので、それをクリックしてください。

Ipadでアプリを起動してライトニングケーブルでパソコンと接続するだけ。

これで画面表示されます。

最後に解像度の設定です。

右下のこのアイコンを開いてduetdisplayのロゴをクリックします。

ここで解像度や表示品質について設定できるので各々好みの設定に変更してみましょう

 ※カクつく場合は設定を落とすと良くなるかもしれません。

以上で設定完了です!快適な作業ライフを楽しみましょう!